国際啄木学会
ホーム 国際啄木学会 大会・セミナー 研究年報と会報 会員の活動
目次
国際啄木学会
  会長挨拶
組織
会則
入会案内
  入会申込書
Word:31KB, PDF:89KB ) 
  国際啄木学会
若手研究者助成
大会・セミナー
日程
 
  国際啄木学会2020年釧路大会 
   
  国際啄木学会2019東京セミナー 
   
  2019国際啄木学会30周年記念大会開催要綱
 
これまでの大会とセミナー
研究年報と会報
研究年報最新号目次
研究年報総目次
会員の活動
出版・雑誌特集・受賞等
   
メイン画像
 
【お知らせ】  
2020/08/30  2019年度国際啄木学会若手研究者助成が1名2件に決定しました。 
2020/08/30  『国際啄木学会研究年報』第23号(2020年3月31日刊・最新号)目次を掲載しました。1部500円で販売します。 
2020/04/06  新型コロナウイルスの急激な感染拡大が続いているため、釧路大会を1年延期し、2021年春開催予定といたします。 
2020/03/07  国際啄木学会2020年釧路大会開催要綱を掲載しました。
2019/11/16  国際啄木学会2019東京セミナーを開催します。開催要綱を掲載しました。
2019/10/10  台風19号の接近が予想されるため、記念大会を中止といたします。 
2019/10/10  台風19号の接近により、記念大会のスケジュールに変更があるかもしれません。
2019/09/01  2019国際啄木学会創立30周年記念大会開催要綱を更新しました。
2019/06/16  2019国際啄木学会創立30周年記念大会開催要綱を掲載しました。
   
 ようこそ国際啄木学会のHPへ!

 国際啄木学会は1989年12月、岩城之徳・遊座昭吾・上田博・太田登氏らを中心として設立されました。日本と外国における石川啄木の研究・普及を目的とする学会です。会員たちは創立以来多くのすぐれた研究成果を発表し、普及のための良書も数多く出版してきました。

 韓国・台湾・インドネシアには創立当初から支部が結成され、すぐれた研究成果が挙げられています(海外の支部は「韓国啄木学会」のように呼称されます)。2005年にはインド啄木学会が成立しました。これまでに台湾で4回、韓国で2回、インドネシア、インド、オーストラリアで各1回、国際大会・国際会議が開かれています。これらの国以外にも、ドイツ・オーストリア・ロシア・中国に会員を擁しています。

 今後わが学会は日本の内外において石川啄木の研究・普及をますます精力的に推し進めるとともに、若い会員をたくさん迎え、いっそう溌剌とした学会にして行きたいと思っています。

(岩手山の写真撮影は浅沼秀政氏)

 
   
 最終更新日 2020/08/30  
     
  国際啄木学会事務局
〒940-2188 長岡市上富岡町1603-1
長岡技術科学大学 基盤共通教育部 若林敦研究室内
Tel&Fax : 0258-47-9362(研究室直通)
E-mail :
 
  Copyright © 2005 International Society of TAKUBOKU Studies. All Rights Reserved.