国際啄木学会
ホーム 国際啄木学会 大会・セミナー 研究年報と会報 会員の活動
国際啄木学会
  会長挨拶
組織
会則
   
入会案内
  入会申込書
Word:31KB, PDF:89KB ) 
   
  国際啄木学会
若手研究者助成
 
会長挨拶
会長 池田 功

 2015年4月より第7代目の会長に就任致しました。

 国際啄木学会は1989年に創立され、今年で26年目を迎えております。その間、8回の外国での大会やセミナーを開催し、また国内での多くの大会やセミナーを行ってきました。さらに「研究年報」や「会報」を毎年発行し、『石川啄木事典』や『論集 石川啄木』も刊行してきました。まずはこのような長い歴史の中でつくられた業績を継承していきたいと思います。

 それから私なりの新機軸を出して発展させたいと思っています。色々なことを考えていますが、具体的なことを少し記したいと思います。

 まず、啄木と関係しました文学者や思想家の研究団体との共同のセミナーの開催です。既に本学会は、与謝野晶子の生誕の地の堺市で晶子アカデミーと共催でセミナーを行っていますが、このようなことを若山牧水や北原白秋、木下杢太郎、夏目漱石、森鴎外、平出修、幸徳秋水などの研究団体にも呼びかけていきたいと考えています。

 次に、1番目のこととも関係するのですが、今まで大会やセミナーを行ったことのない国内の地域での開催です。共同のセミナーを、その文学者や思想家のゆかりの地で行ってみたいと思っています。同時代を生きた文学者などとの受容や関係性の研究は、啄木の魅力の再確認とともに、研究の範囲の広がりをもたらしてくれると思われます。

 3番目に、本学会ではこれまで『石川啄木事典』や『論集 石川啄木』、『論集 石川啄木Ⅱ』を刊行してきましたが、これに続くものが刊行されていません。次なる研究書や入門書などの刊行を考えています。

 4番目には、支部活動の活性化です。現在、国内には北海道、盛岡、東京、新潟、関西の5つの支部があり、それぞれ支部会を開催したり会報を発行したりしています。支部活動を活性化するために、支部会には、会長か副会長あるいは事務局長がなるべく参加し、現状を把握し、他支部の活動を話したりしたいと思っています。

 さらには、研究者の育成です。現在若手研究者助成を行っていますが、これをさらに発展させていきたいと思っています。また、国際化の面でも、海外の会員との情報交換を密にし、翻訳や研究の促進をしていきたいと思っています。

 このようなことを考えています。そのためには会員の皆様のご協力なくしてはできません。ご支援のほど、よろしくお願い致します。

 また、本学会は研究者だけでなく多くの愛好者の皆様も参加されています。本学会に関心を持たれましたら、ぜひ入会していただきたいと思います。

 
多くの皆様方の参加を期待しております。

  
組織
国際啄木学会役員 2017-2018
会長 池田功
副会長 大室精一
事務局長 若林敦
理事
日本17名
外国4名
池田功、伊藤和則、太田登、大室精一、北畠立朴、河野有時
西連寺成子、佐藤勝、瀧本和成、田口道昭、西脇巽、舟田京子、
望月善次、森義真、安元隆子、山下多恵子、若林敦
林水福(台湾)、梁東国(韓国)、バンバン・ウィワルタ(インドネシア)
ウニタ・サチダナンド(インド)
監事 平出洸、佐藤勝
評議員
日本31名
外国7名
(上記の理事・監事はすべて評議員。上記以外の評議員は以下の通り)
亀谷中行、木内英実、小菅麻起子、小林芳弘、今野哲、三枝
櫻井健治
、佐藤静子、永岡健右、チャールズ・E フォックス、松平盟子、
栁澤有一郎山田武秋、吉田直美
高淑玲(台湾)、P.A.ジョージ(インド)、スレメイノヴァ・アイーダ(ロシア)
 
国際啄木学会事務局 2017-2018
 事務局長  若林敦(HP兼務)
 事務局次長  木内英実(会計)、河野有時(会報)
 事務局員  舟田京子(総務)、吉田直美(会計)、西連寺成子(会報)
   
研究年報編集委員 2017-2018
 太田登(委員長)、瀧本和成、田口道昭、山下多恵子
 
支部長 
北畠立朴(北海道)、小林芳弘(盛岡)、 河野有時(東京)、若林敦(新潟)
田口道昭(関西)、林水福(台湾)、梁東国(韓国)
バンバン・ウィワルタ(インドネシア)、ウニタ・サチダナンド(インド)
 
 名誉会員・歴代会長
◆名誉会員 近藤典彦、林丕雄(台湾)、孫順玉(韓国)
◆歴代会長 初代   岩城 之徳 (1989~1995)
第二代 遊座 昭吾 (1995~1998)
第三代 上田 博  (1999~2002)
第四代 近藤 典彦 (2003~2006)
第五代 太田 登  (2007~2010)
第六代 望月 善次 (2011~2014)
第七代 池田 功 (2015~ )
国際啄木学会会則
【総則】
第一条 本学会は国際啄木学会と称する。
第二条 本学会は啄木研究の推進を目的とする。
第三条 本学会は前条の目的を達成するために、次の事業を行なう。
(1) 研究活動。
  (2) 会報・年報・研究書の刊行。
  (3) 海外における文学研究者との交流と、国際大会の実施。
  (4) その他、本学会において必要と認める事項。
 
【会員】
第四条 本学会の会員は、本学会の目的に賛同するものおよび関係機関をもって構成する。
第五条 会員は会員2名の推薦により、理事会で承認された者とする。

【役員】
第六条 本学会は次の役員を置く。
会長、副会長、事務局長および若干名の理事、監事、評議員、名誉会員。
(1) 会長は会を代表する。
  (2) 副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときは会長を代行する。
  (3) 事務局長は事務局を統括する。なお、必要に応じて、事務局次長を置くことができる。
  (4) 理事は学会の運営にあたる。
  (5) 監事は会務と決算を監査する。
  (6) 評議員は年度計画・年度予算について審議する。
(7) 名誉会員は会長経験者とする。
第七条 本会の役員選出は次のとおりとする。
(1) 評議員は会員全員の投票(内規を別に定める)により20名を選出する。又、支部長は評議員とする。なお、理事会推薦の若干名の評議員を追加することができる。
  (2) 理事、監事は評議員会で選出され、総会において承認を得た者とする。
  (3) 会長は理事の互選による。副会長および事務局長は会長の委嘱による。
  (4) 1、2、3の各役員の任期は2年とし、再任は妨げない。

【会計】  
第八条 会計について次のように定める。
(1) 本学会の経費は、会費その他をもってあてる。
  (2) 本学会の決算は、監事の監査を受け、評議員会の審議を経て総会での承認を必要とする。会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
第九条 会費については別に定める。

【組織】
第十条 本学会は次の条件をもって支部を設けることができる。
(1) 会員5名以上を有する。
  (2) 理事会の承認を必要とする。
  (3) 支部長を置く。
第十一条 日本以外の場合、5名以上では国名を付して〇〇啄木学会とし、会長を置くことができる。それ以外では、〇〇支部とし、支部長を置くことができる。

【会則の変更】
第十二条 会則の変更は評議員会の審議を経て、総会において決定する。
 
【付則】
一般会員の会費は年額5,000円とする(国内在住外国人会員も含む。ただし留学生は除く)。
関係機関は1口10,000円(年額)とする。
会費滞納が三年を越えた場合は、原則として退会したものとみなす(評議員協力金・大会運営基金については内規を別に定める)。
本会則は、1989年(平成1年)12月3日の第1回評議員会において審議決定され、同日より効力を有した。
1996年(平成8年)10月11日の評議員会の審議の後、総会で改正承認を得て、同日より効力を有した。
2000年(平成12年)11月23日の評議員会の審議を経て、総会で改正承認を得て、同日より効力を有した。
2006年(平成18年)4月22日の評議員会の審議を経て、総会で改正承認を得て、同日より効力を有した。
2008年(平成20年)5月11日の評議員会の審議を経て、総会で改正承認を得て、同日より効力を有した。

<第七条(1)の内規>
1 選挙管理委員会を置く。
2 会長の委嘱により選挙管理委員会2名を決める。
3 投票は20名の連記とする。
4 開票は理事会において行なう。
<第七条(2)(3)の内規>
新しく選出された評議員は、候補者名簿に基づき、投票によって次期理事14名を選挙する。なお、新評議員名は国内の全会員にすみやかに知らせることとする。
投票は14名連記とする。
選挙管理は会長によって委嘱された理事選挙管理委員が担当する。
現会長は次期理事会を召集し、次期理事会はすみやかに次期会長を選出する。
選出はつぎの要領による。
 イ、現会長が候補者名簿を作成し、現会長の委嘱による次期会長選挙管理委員会が
   選挙管理をおこなう。
 ロ、投票は郵便によっておこなう。
 ハ、過半数に達しない場合は上位2名の決戦投票によっておこなう。
新会長は地域間のバランス等を考慮し、必要と認めた場合若干名の理事を指名することができる。
現在の「第七条の内規」は「第七条(1)の内規」とあらためる。
第七条(2)(3)の内規は2006年9月9日より効力を有した。

<【付則】の内規>
1 評議員協力金は5,000円とする。
2 大会運営基金は1口5,000円とする。
入会案内
 国際啄木学会へのご入会を歓迎します。入会を希望される方は会則をご承認の上、お申し込みください。入会に際しては会員2名の推薦を必要とします。会員に知己のない方は事務局にご相談ください。入会申込書は以下よりダウンロードできます。
 
 入会申込書(Word:31KB, PDF:89KB
 
国際啄木学会若手研究者助成
 
 2016年度若手研究者助成を以下6名9件に決定しました。助成金授与を京都セミナーで行いました。 
 対象者  事項
 怡臻   研究発表・高知セミナー 2016.6.18
「王白淵の三行詩にみられる啄木文学受容について」
 論文「王白淵與日本作家石川啄木」(中文、「王白淵と日本作家石川啄木」)
『踏破荊棘 締造桂冠-王白淵文學研究論集』(謝瑞隆、羅文玲、蕭蕭編)、萬卷樓(台北市)、2016.6、p.105-166
 塩谷昌弘  パネリスト・盛岡大会 2016.11.5
「明日の考察~130年の時を超えて~」
 深町博史  パネリスト・盛岡大会 2016.11.5
「明日の考察~130年の時を超えて~」
 論文「石川啄木『我等の一団と彼』考」、『東北文学の世界』(盛岡大学文学部日本文学科)第25号、2017.3、p.13-29
 ブルナ・ルカーシュ  研究発表・盛岡大会 2016.11.6
「自然の「自由」への憧憬、社会の「俗悪」への反逆 -石川啄木「漂泊」にみるゴーリキー文学による感化-」
 大西洋平   研究発表・盛岡大会 2016.11.6
「石川啄木と坂口安吾 -啄木短歌の受容-」
 論文「石川啄木と坂口安吾-『一握の砂』の受容」、『国際啄木学会研究年報』第20号、2017.3、p.13-24
 崔雪梅  研究発表・日本近代文学会秋季大会 2016.10.16
「漱石の文学における移動空間と新橋駅―啄木文学に表現された新橋・上野駅を視座に―」
 計6名  計9件
 
 〈これまでの授与者〉 
●2014年度
  劉怡臻(リュ ウ・イチェン) ○論文
「王白淵における啄木文学受容についての一考察-『棘の道』の詩歌を中心に-」
『石川啄木詩歌研究への射程』(国立台湾大学出版中心、2014年10月発行)
 同 ○研究発表
「王白淵における啄木文学受容についての一考察-『棘の道』の詩歌を中心に-」
国際啄木学会2014南臺国際会議(2014.10.25
 深町博史 石川啄木と夏目漱石 ―明治三十九年の小説「雲は天才である」と「野分」をめぐって―(『国際啄木学会研究年報』第一七号、2014.3)
●2013年度 
 深町博史  2013年旭川セミナーにおける研究発表 「石川啄木と夏目漱石 ―明治末期の青年と社会」に対して。
●2012年度
 劉怡臻(リュ ウ・イチェン)  2012年台北大会における研究発表「啄木詩歌と李商隠」に対して。
●2011年度
 千葉暁子 盛岡大学生が読む『一握の砂』―記憶・批判・発信―(『国際啄木学会研究年報』第一四号、2011.3)
●2010年度
 権藤愛順 木下杢太郎と石川啄木-大逆事件を契機とする両者の再接近について(『国際啄木学会研究年報』第一三号、2010.3)
 柳澤有一郎 石川啄木「愁調」論-四四四六調による詩壇への登場-(『稿本近代文学』(筑波大学日本文学会近代部会)第三四集、2009.12)
   
 国際啄木学会若手研究者助成規程 
 
  Copyright © 2005 International Society of TAKUBOKU Studies. All Rights Reserved.