英訳啄木短歌の諸相

 

                                   結城文歌人、詩人、翻訳家

 

石川啄木の海外における人気は高く、その英訳は多い。日本歌人クラブ発行のThe Tanka Journal 25 (200411月発行) の近藤典彦の「石川啄木と国際啄木学会」という巻頭エッセイには「啄木の作品は、はやくも1920年代から外国語に翻訳された。英語への翻訳は、最も多くSakanishi Shihoが短歌138首と詩12編をA Handful of Sand と題してアメリカで出版(1934)――これは1947年に日本で、1975年、1976年アメリカでと三度も刊行された。その後1966年にCarl Sesar によって181首が訳され、1977Sanford Goldstein & Shinoda Seishiが『悲しき玩具』の全訳をした。日本人が英語圏の読者のために、日本で翻訳・出版した例としては、Honda Heihatirou (1959), Takamine Hiroshi (1962), Suga Teruo1995)の訳業が代表的である」という記述がある。

それに加え今年4月本大会の基調講演者であるRoger Pulversの『英語で読む啄木・自己の幻想』が上梓された。それらの訳業から、日本から坂西志保と須賀照雄、英語圏からCarl Sesar Roger Pulversの英語タンカ四首を併記し、それぞれの方式をみてゆきたい。

 

〇編集方針:須賀照雄は全訳、他の3人は抄訳である。このなかで須賀およびCarl Sesarは、原歌集の歌の配列順序を守っているが、坂西は両歌集を8つのセクションに分け再構成し、Pulvers5つの柱をたて再構成し、各章に懇切な解説をつけている。

〇表記法

行数

啄木は3行書き、時折り一字下げの表記がまじる。それに対して、坂西は英詩のバラッド風な4行書き、Carl Sesar5行書き、須賀とPulvers3行書きであるが、須賀の場合短歌は5句よりなることを意識させるように1行のなかにダブル・スペースを用いて分けている。また、Pulversの場合は、「まえがき」で述べているように「短歌を簡潔で明晰な文にして、それにタイトルをつける」という方法をとっている。

Punctuation (句読点)

英文の行の始めは、大文字で書くが、坂西とPulversは古典的な英詩のスタイルにならって、すべての行の頭は大文字表記、須賀は一首の始めのみ大文字、Sesarは行の頭は小文字だが、会話体“コーテーション”で括る時のみ大文字を使用している。

英文の行の終わりのピリオドについては、坂西、須賀、Pulversの三者は、ピリオドをつけるが、Sesarのみはピリオドなしである。

インデント

啄木の原歌の一字下げの表記に従って、坂西、須賀訳にはインデントがあるが、SesarPulvers訳にはインデントない。

 

〇現在最も一般的な英語タンカは、「5行書き、小文字表記で始めピリオドをつけるかどうかは自由」というスタイルである。

 

Several Aspects of English Tanka by Takuboku Ishikawa

                                       

Aya Yuhki (Tanka Poet, Poet, translator)

 

  In 1934 Sakanishi Shio published A Handful of Sand in the United States, introducing 138 tanka and 12 poems. This book has since been published three times; in Japan in 1947, and in the U. S. A. in 1975 and 1976. Carl Sesar, who translated 181 tanka, put out books in 1966, and in 1977 Sanford Goldstein and Shinoda Seishi did a complete translation of “Kanashiki Gangu”. Some Japanese also have done translations of Takuboku and published them in Japan. To cite a few, Honda Heihachiro in 1959, Takamine Hiroshi in 1962 and Suga Teruo in 1995. Adding to these translations, in April of this year, Roger Pulvers, the keynote speaker of this meeting launched Takuboku’s Tanka Read in English―His Self Illusion.

  I chose 10 tanka from The Collection of Takuboku Ishikawa’s Tanka and then referred to four kinds of English tanka by two English-speaking translators; Carl Sesar and Roger Pulvers and two Japanese; Sakanishi Shio and Suga Teruo. I’d like to comment about some different aspects and approaches to his works from both eastern and western sides.

 

Editorial Policy: Suga Teruo translated completely The Collection of Takuboku Ishikawa’s Tanka, whereas Sakanishi, Sesar and Pulvers translated selections of tanka. Both Suga and Sesar follow the order of Takuboku’s arrangement of tanka. Sakanishi composed 8 chapters from his two collections of tanka in her own way. Likewise, Pulvers arranges Takuboku’s tanka in 5 chapters and writes a detailed explanation about his tanka.

Notation:

  Number of Lines: Takuboku writes tanka in three lines, sometimes indenting one word. Sakanishi writes in four lines, which is the typical English ballad’s style; Sesar writes in five lines. And Suga and Pulvers write in three lines. Suga puts one or two double spaces within a line. This gives two or three parts to the line, as if to show the fact that tanka consist of five phrases. Pulvers, as he mentions in his ‘preface’, “rewrites tanka in concise and clear sentences and adds a title to it.” 

  Punctuation: Following the traditional English poetry style, both Sakanishi and Pulvers write the first letter of each line in a capital letter. Suga writes the first letter of each tanka in a capital letter. Sesar writes in a small letter at the beginning of each line, but he uses capital letters in dialogues written in quotations. Sakanishi, Suga and Pulvers put a period at the end of a line, but Sesar doesn’t.

  Indentation: Following the indentations of Takuboku’s original tanka, both Sakanishi and Suga indent, while Sesar and Pulvers don’t .

 

Nowadays, English tanka are generally written, “in five lines, with small letters at the beginning of lines and as for periods, either with a period or without a period at the end of lines―both ways are OK”.