明治時代のソールブラザーズ

ロジャー・パルバース作家、劇作家、演出家

岩手が生んだ偉大なる詩人、石川啄木と宮沢賢治。

50キロぐらいしか離れていない場所で、10年の年の差で生まれた二人の詩人は、同じ中学校へ通い、同じ病気で若くして他界した。啄木は26歳…賢治は37歳。

啄木は生前、もはやチョウ有名になりつつあったが、賢治が同じぐらい有名になるのは、死後数十年後。しかし、二人とも今日では、あらゆる社会的スフィアーで進歩の代表として知られている。賢治より啄木のほうは、政治的人間であるが、啄木より賢治のほうは、人間の運命を決める自然や宇宙の力に気づいたに違いない。もし啄木が長生きしたら、彼は賢治に会ったかもしれない。個人的な交際がなかったにしろ、啄木と賢治は、明治時代のソールブラザーズである。

どちらのほうが日本を「代表」しているのか?

その問題を深く追求したいと思っています。

 

The Soul Brothers of Meiji Japan

Roger Pulvers (Novelist, Playwright, Theatre Director)

The two great poets of Iwate, Ishikawa Takuboku and Miyazawa Kenji, were born 50 kilometers and 10 years apart (1886 and 1896) and went to the same middle school in Morioka.  They both died young of tuberculosis:  Takuboku at 26 in 1912 and Kenji at 37 in 1933.

 

Takuboku was already on the way to being mega-famous while he was alive; Kenji did not receive such superstar status until many decades after his death.  Both are today considered voices for progress and activism in many spheres of social activity.  Takuboku is more political than Kenji; Kenji more aware of the natural and cosmic forces determining our fate than Takuboku.  Had Takuboku lived longer, it is very possible that they would have met.  As it is, they are the soul brothers of Meiji Japan.

 

Which of the two more genuinely "represents" Japan?

 

That is the question that I wish to pursue.

 

 

〈ロジャー・パルバース氏 経歴〉

1944年アメリカ生まれ。作家/劇作家/演出家。ハーバード大学大学院ロシア地域研究所で修士号を取得。その後、ワルシャワ大学とパリ大学への留学を経て、1967年初めて日本の土を踏んで以来ほぼ半世紀を日本で過ごし、英・露・ポーランド・日本というまったく異なる文化的背景から生まれた 四ヶ国語をマスター。いっぽう精力的に日本各地を旅し、そこに住む人々や文化、風土、言語の特異性に触れながら、世界にまれな日本と日本人の特質と独自性に驚嘆。大島渚監督作品『戦場のメリークリスマス』の助監督などを経て、執筆活動を開始。著書に『旅する帽子 小説ラフカディオ・ハーン』 (講談社)、『英語で読み解く賢治の世界』(岩波書店)、『新バイブル・ストーリーズ』(集英社)、『もし、日本という国がなかったら』『賢治から、あなたへ』『驚くべき日本語』(共に集英社インターナショナル)、『ハーフ』(書肆パンセ)、『星砂物語』(講談社)、『英語で読む啄木』(河出書房新社)など多数。深く敬愛してやまない宮沢賢治の作品の英語翻訳にも数多く携わり、その功績から第18回宮沢賢治賞 (2008)、第19回野間文芸翻訳賞(2013)を受賞。

 

Roger Pulvers is an acclaimed author, playwright, theater director, translator and journalist. He has published more than forty books in Japanese and English, including novels such as The Death of Urashima Taro, General Yamashita’s Treasure, The Honey and the Fires and The Dream of Lafcadio Hearn. His most recent novel, Starsand (2015), was written in Japanese and is published by Kodansha.

Roger received the Kenji Miyazawa Prize in 2008 and the Noma Award for the Translation of Japanese Literature in 2013. Over the past forty-five years he has translated prose, drama and poetry from Japanese, Russian and Polish. 

Roger has worked in film and television. He was assistant to director Nagisa Oshima on Merry Christmas, Mr. Lawrence. He also co-wrote the script for the Japanese film Ashita e no Yuigon (Best Wishes for Tomorrow), which won the Crystal Simorgh Prize for Best Script at the 27th Fajr International Film Festival in Tehran. In 2010–11 he hosted and wrote the popular weekly NHK television show about famous sayings in Japan and around the world, Gift E-meigen no Sekai.