「明治四十一年戊申日誌」と「明治四十一年日誌」の一月二日から一月三日の項の比較考察

 

村 松   善 (岩手県立杜陵高等学校教諭)

 

今回の研究発表は、平成20年(2008年)511日に行われた国際啄木学会春のセミナー(於:明治大学)で、研究発表した「『明治四十一年戊申日誌』と『明治四十一年日誌』の一月一日の項の考察」の続きにあたるものである。

周知のとおり、啄木日記には明治4111日から同年112日の日付を持つ日記が2つ存在する。それが「明治四十一年戊申日誌」と「明治四十一年日誌」である。十二日間という短い期間の重複ではあるが、同一人物が二度同じ期間の日記を書いているということで、これまで石井勉次郎、今井泰子、加藤悌三、目良卓、池田功、塩浦彰、小林芳弘といった優れた研究者によって日記が書き直された理由についてそれぞれ論述されてきている。

これらを比較すると大幅な改変がなされており、日記原本(コピー)の調査からわかるとおり、「明治四十丁未歳日誌」終了後、すぐに啄木は「明治四十一年戊申日誌」を「明治四十一年日誌」として新たに新しいノートに書こうと考えながら、その下書き及びメモとして、「明治四十一年戊申日誌」の11日から12日を書き進めていたと私は考える。そして、新しいノートが手に入った時、啄木は嬉々として「明治四十一年日誌」にそれまで書いていた下書き及びメモを清書するのである。そこには啄木の日記に対するより良い作品にしようという日記文学作者としての強い自意識が作用していたといえよう。

特に、今回取り上げる13日の項は、「明治四十一年戊申日誌」では描かれていない明星派、新詩社、与謝野晶子及び鉄幹への批評、そして自然主義(自然派)への傾倒が「明治四十一年日誌」では描かれており、非常に興味深い。

従来から述べてきているように啄木日記が読者を想定して書かれた文学作品として存在しているということを今回の研究発表においても補強したいと考える。この考察により、啄木日記にはある程度の時間をおいて書かれている箇所が存在し、このことが回想を伴う日々の事実の組み立てと取捨選択がなされると共に、構成意識をも内包してより創作性を獲得し、日記文学としての達成がもたらされていることのひとつの証左となることを期待したいと思う。

また、この2つの日記の12日から3日の項を比較しての生徒の感想も紹介したいと思う。

 

 

Comparison and consideration of the "MEIJI 41 NEN BOSHIN NISSHI" (January second to January third) and "MEIJI 41 NEN NISSHI" (January second to January third)

 

Tadashi MURAMATSU (Teacher, Iwate Prefectural Toryo High School)

This study was presented at the spring seminar of the International Society of TAKUBOKU Studies on May 11, 2008 at Meiji UniversityIts title was Reflections of Meiji 41 Nen Boshin Nisshi1908 and Meiji 41 Nen Nisshi1908and concerned two entries written by Takuboku Ishikawa spanning 12 days between January 1st  and the 12th The first entry was started on Jan 1st and ended at before the 12thThe second entryNisshistarted before the 12th and ended on the 12th The second entry included the contents of the 1st entry and changed forms from a diary style to a more literary form

The question of why Takuboku had written two entries in this time period of twelve day has concerned scholars in Japan for centuriesTodays presentation supports the idea that Takuboku had written a personal diary entry first and then had written the second entry with the purpose of refining the first entry into a literary work

Through investigation of the original manuscript written in the previous year before these two entries and known as Meiji 40 Teimisai Nisshi1907the first entry of the new year Meiji 41 Nen Boshin Nisshiwas written in the same book as Meiji 40 Teimisai NisshiThe second entry Meiji 41 Nen Nisshi),againwhich included the contents of the Meiji 41 Nen Boshin Nisshiwas written in a new bookIt can be surmised that although Takuboku wrote the 1st entry of Meiji 411908 in the diary of the previous yearMeiji 40)(1907),he later decided to start the next year in a new book and had subsequently written the second entry Meiji 41 Nen Nisshiin that new bookIt is further that Takuboku intended this new book to be a literary rather than a personal journal