国際啄木学会
ホーム 国際啄木学会 大会・セミナー 研究年報と会報 会員の活動
大会・セミナー
  国際啄木学会2014南臺国際会議 報告
 
  国際啄木学会2014南臺国際会議〈実施要項〉
   
これまでの大会とセミナーにもどる
 
 
国際啄木学会2014南臺国際会議 報告
 

国際啄木学会2014南臺国際会議・台日文学交流朗読会報告

国際啄木学会会長 望月 善次

 (上)  (中)  (下)

 写真提供:山田武秋評議員、太田幸夫会員

 ※望月会長の報告は「岩手日報」掲載用に執筆したもの。

国際啄木学会2014南臺国際会議 〈実施要項〉

10月23日(木)

台日文学交流会 19:0021:00 「洪建全教育文化基金會」
              (台北市羅斯福路
2912F)

 開会挨拶    19:0019:30   彭鏡禧(中華民國筆會理事長)
                 簡静慧(洪建全文教基金會)
                           望月善次(國際啄木學會長)

  詩歌朗読會   19:3021:00

台湾側:陳義芝、 向陽、 陳育虹、 白靈、 焦桐
 日本側:結城文、平出洸、望月善次、高淑玲

10月25日(土)

科技大学応用日語系創立20周年記念
国際啄木学会2014南臺国際会議


主催:南臺科技大学応用日語系 共催:国際啄木学会 協力:台湾啄木学会

テ-マ:台日相互理解としての〈石川啄木〉

9:009:30   開会あいさつ
         盧燈茂博士(南臺科技大學副校長)
         望月善次国際啄木学会會長

        寄贈図書の贈呈 記念写真の撮影

第Ⅰ部 記念講演会 

9:3010:00  講演1 太田 登(天理大学名誉教授)
        「啄木短歌の評釈への試み
          ―『一握の砂』の〈放たれし女〉をめぐって―」

        主持人 黃幼欣(南臺科技大學 應用日語系副教授)            

10:0010:30  講演2 梁 東国(韓国啄木学会会長、祥明大学校教授)
        「日本の国民国家形成の中における石川啄木」

        主持人 望月 善次(国際啄木学会会長、岩手大学名誉教授)     

10:3010:50  休  憩

10:5011:20  講演3 望月 善次(国際啄木学会会長、岩手大学名誉教授)
        「啄木「三行書き短歌」再考
          ~何故「三行書き」が過大評価されたのか~」

        主持人 榊祐一(南臺科技大學 應用日語系助理教授)    

11:2011:50  講演4 池田 功(国際啄木学会副会長、明治大学教授)
        「石川啄木詩歌におけるオノマトペの考察」

        主持人 佐藤勝(湘南啄木文庫主宰)     

11:5013:10  昼  食

第Ⅱ部 研究発表会

13:1013:40  研究発表1  高 淑玲(景文科技大学副教授)
        「啄木短歌における音楽性についての一試論
          -主に『一握の砂』をめぐって-」

         主持人 森 義真(石川啄木記念館館長)      

13:4014:10  研究発表2  山田 武秋(桜出版編集主幹
        「歌語からみた啄木短歌の傾向―『一握の砂』を中心に―」

         主持人 伊藤和則(国際啄木学会理事)

14:1014:40  研究発表3   劉怡臻(台湾大學碩士)
        「王白淵における啄木文学の受容についての一考察
          ―『棘の道』の詩歌を中心に―」

         主持人 太田 登(天理大学名誉教授)

14:5015:00  休  憩

第Ⅲ部 記念座談会

15:0016:20  座談会「台日相互理解と文化交流をめぐって」

         梁 東国(祥明大学校教授)
         徐 興慶(台湾大學教授)
         楊 錦昌(輔仁大学副教授)
             平出 洸(平出修研究会主宰)
         櫻井健治(
函館山ロープウェイ株式会社 代表取締役専務

         主持人 若林敦(長岡技術科学大学准教授)

16:2016:40  閉会あいさつ
         鄧美華(南臺科技大學 應用日語系副教授兼系主任)

 
  Copyright © 2005 International Society of TAKUBOKU Studies. All Rights Reserved.