国際啄木学会
ホーム 国際啄木学会 大会・セミナー 研究年報と会報 会員の活動
大会・セミナー
   
  2013年釧路大会日程 
   望月会長挨拶(拡大理事会開会式記念講演懇親会
   森事務局長閉会挨拶
   
   釧路大会記念学生短歌大会審査結果
 
 
  国際啄木学会2013年釧路大会 日程

日時:2013(平成25)年9月7日(土)・8日(日)

会場:釧路市生涯学習センター「まなぼっと幣舞」
   (釧路市幣舞4-28、☎ 0154-41-8181

釧路キャッスルホテル
   (釧路市大川町2-3 ☎ 0154-43-2111


                  宿泊・交通・お弁当のご案内、申込書(DOC:90KB)

日程:

9月7日(土)
(10:30~) 13:00~19:00 

 会場:「まなぼっと幣舞」: (拡大理事会)、開会式、研究発表
 会場:釧路キャッスルホテル: 記念講演、懇親会

10:30~12:00  拡大理事会(8F 特別会議室801)
              望月会長挨拶(.doc)

(12:00~12:30  理事・評議員 昼食 4F和室)

12:00~       受付

13:00~13:20  開会式
         (会長挨拶(.doc)、釧路市長挨拶、大会実行委員長挨拶)


13:30~14:00  研究発表(1) 水野 信太郎(北翔大学教授)

             「石川啄木が『日本人受けする』4要素

14:00~14:30  研究発表(2) 福地 順一(近代文学研究家)

             「啄木における北海道

14:40~15:10  研究発表(3) 山田 武秋(桜出版編集主幹)

             「石川啄木『一元二面観』再考

15:10~15:40  研究発表(4) 田口 道昭(立命館大学教授)

             「『時代閉塞の現状』の射程

<会場移動:まなぼっと幣舞 ⇒ 釧路キャッスルホテル 徒歩で5~6分>

15:55~16:00  講師紹介(望月善次会長)(.doc)

16:00~17:15  

 記念講演 福島泰樹氏(歌人・法昌寺住職)

「啄木と大逆事件 ―歌は悲しき玩具か

 
~テーマ『啄木再生―釧路からの甦り―』にもふれて」



17:30~19:00  懇親会(会費:5千円、一般の方も参加できます)
              望月会長挨拶(.doc)

◎第10回釧路大漁どんぱく花火大会(19:00~20:00)釧路川河口付近

「浜番屋」(釧路キャッスルホテルから徒歩約10分)で花火を見ながら二次会
(会費:1千円)

9月8日(日)
9:00~12:00
 会場:釧路市生涯学習センター「まなぼっと幣舞」
   : 短歌大会表彰式、パネル・ディスカッション

<13:00~15:00 文学散歩>


9:00~ 9:30  釧路大会記念短歌大会表彰式

9:30~ 9:45  短歌大会受賞者等記念撮影

9:50~11:40  パネル・ディスカッション

「啄木再生 ~釧路からの甦り」

コーディネーター
 池田 功(副会長、明治大学教授)

パネリスト
 大室 精一(理事、佐野短期大学教授)

  北畠 立朴(理事、釧路啄木会会長)
  山下 多恵子(理事、日本ペンクラブ会員)
                  

11:40~12:00  閉会式(若手研究者助成授与、閉会挨拶(.doc)

<昼食:多目的ホール> お弁当(予約申込者のみ)

12:50        釧路市生涯学習センター「まなぼっと幣舞」前集合

13:00~15:00  文学散歩
           ~啄木足跡めぐり(釧路市内啄木歌碑・ゆかりの地)~

以上

 
 

国際啄木学会2013年釧路大会記念学生短歌大会
審査結果

[表彰式 9月8日(日)午前9時]

 

【小学生の部】

 <選者賞=松平盟子選> 釧路市立釧路小学校3年 内田 温子

  東京は毎日暑いが ぼんおどり ゆかたにうちわレモンのこおり

 

<選者賞=望月善次選> 釧路市立釧路小学校1年 内田 清子

  ふつかめは じゅうさんきろもあるいたよ ころんだけれどたのしかったよ

 

【中学生の部】

<最優秀賞> 釧路市立景雲中学校2年 石川 はな

  子ギツネが春の芽吹きを見るためにおそるおそる前足出した

 

 <優秀賞> 釧路市立景雲中学校2年 村井 菜々恵

  きみがいる道路のすみの段ボール行くたび思う家族になりたい

 

 <選者賞=駒坂芳夫選> 釧路市立景雲中学校2年 村島 りんか

  葉の色が青から紅に変わってく夏が秋風にのって去ってく

 

<選者賞=松平盟子選> 釧路市立景雲中学校2年 村岡 柊有

  気が付けばいつもとなりにハードルが悪くはないね陸上人生

 

 <選者賞=望月善次選> 釧路市立景雲中学校2年 後藤 紗代

  愛してるそう言われたいときもあるメールではなくて言葉で言って

 

【高校生の部】

<最優秀賞> 北海道立釧路湖陵高校2年 菅原 麻生

  母ちゃんが「今年もあれね」と出してから我が家の夏は始まるのです

 

 <優秀賞> 北海道立釧路湖陵高校2年 武田 美羽

先を行くあなたのうしろでかみ締めた下唇は決意の証

 

 <選者賞=駒坂芳夫選> 北海道立釧路湖陵高校1年 市野 香菜美

  さらさらと笹の葉ゆらり天の川きみの隣で星に願いを

 

<選者賞=松平盟子選> 北海道立釧路湖陵高校1年 佐藤 綸花

  雨あがり雲の切れ間が輝いて青く染まってく水たまり達

 

<選者賞=望月善次選> 北海道立釧路工業高校3年 菊池 雅也

  啄木へ一途の想い抱く妻そんな心を知る余地もなし

 

【大学生・短期大学生の部】

 <選者賞=望月善次選> 釧路短期大学生活科学科食物栄養専攻 奥宮 弦

  地を分かちあの子を想うさびしくも立つ瀬をさぐる霧の白樺

 
  Copyright © 2005 International Society of TAKUBOKU Studies. All Rights Reserved.