国際啄木学会
ホーム 国際啄木学会 大会・セミナー 研究年報と会報 会員の活動
会員の活動
  会員の活動
出版・雑誌特集・受賞等
   出版
   雑誌特集
   受賞

会員の活動

 (これまでの記事)
 

1、出版 <国際啄木学会が編集したものは以下の3冊です>

(1)『論集 石川啄木Ⅱ』(おうふう 2004年4月)定価5040円

啄木を求めて           
 「石川啄木」は新しい                 上田 博
 座談会 啄木を求めて 遊座昭吾・鳥居省三・浦田敬三・堀江信男・上田 博
啄木1901年〜1912年
 エッセイ 啄木の予言性・創造性            平岡敏夫
 座談会 啄木文学の源流とその行方     遊座昭吾・小川武敏・上田 博
 木下杢太郎と出会った頃                上田 博 
 十代の自画像——啄木詩想の原点              遊座昭吾
 時代閉塞の隠喩——犯罪の年・1910年          小川武敏
短歌史の中の啄木
 エッセイ 平熱の自我の詩について             三枝昂之
 座談会 短歌史の中の啄木   河野有時・三枝昂之・安森敏隆・望月善次
 『一握の砂』の編纂意識——啄木・茂吉・晶子を比較して  安森敏隆
 短歌定型論から見た啄木「三行書き短歌」         望月善次
 手を見るまえに                     河野有時
表現とイメージ
 エッセイ 啄木の殺し文句      今野寿美
 座談会 啄木の表現とイメージ      太田 登・黒澤 勉・木股知史
 啄木の聞いた盛岡の音の風景——「閑天地」と「葬列」を通して 黒沢 勉
 啄木詩歌のイメージの特質——『小天地』の表紙画をめぐつて  太田 登 
 『一握の砂』 の表紙絵                  井上芳子
 夢と散文詩——啄木「白い鳥、血の海」をめぐつて       木股知史
外国文学としての啄木
 エッセイ 外国文学としての啄木             川村ハツエ
 石川啄木の国際感覚                   近藤典彦
 啄木短歌の三行書きをめぐる問題             高 淑玲
 「時代閉塞の現状」を読む                周 天明
 韓国における啄木文学の受容               尹 在石
啄木研究の新領域
 啄木研究の新しい展開 堀江信男
 「寸舌語」論                      蓮田 茂
 「二筋の血」——幼時に見た悲哀              古澤夕起子
 「真一挽歌」 の形成                  大室精一
 『我等の一団と彼』における「二重生活」批判       若林 敦
 啄木日記に挿入された書簡文                村松 善
 啄木と佐々木喜善の交友——書簡の背後にあるもの       森 義真
 啄木研究の展望——21世紀の啄木研究に向けて       太田登
あとがき                         近藤典彦 

(2)『石川啄木事典』(おうふう 2001年) 定価4500円+税

編集委員
 池田功、上田博、小川武敏、近藤典彦、瀧本和成、堀江信男、遊座昭吾
執筆者  計108名

・第一部 作品編 短歌(太田登)、詩(木股知史)、小説(上田博)、評論(近藤典彦)、新聞記事(小川武敏)、日記(堀江信男)、書簡(池田功)
・第二部 項目編 イメージ項目(「秋」「蟹」「煙草」「停車場」「友」など66項目)
キーワード項目(「音楽」「大逆事件」「天才主義」など36項目)
一般項目(人名・地名・文芸・社会・生活にわたる434項目)
・第三部 資料編 著作目録(瀧本和成)、読書目録(池田功)、作品出版史(村上悦也)、
現存資料案内(佐藤勝)、研究文献目録(編集委員会)、家系図(永岡健
右)、年譜(望月善次)

 全648頁の大冊。学会外の方々の協力をも仰ぎつつ、国際啄木学会が総力を結集して編集・執筆した「石川啄木百科事典」です。
 第一部は各分担執筆者が蘊蓄をかたむけて、啄木作品の各ジャンルの読み方を解説しています。それはそのまま『石川啄木全集』各巻の読み方案内にもなっています。
 第二部はこの事典の中心部分です。個人の編集・執筆では全く不可能な大仕事を7人の編集委員を先頭に100名以上の協力を得て、成し遂げました。
 第三部は啄木関係重要資料の集成です。とりわけ「読書目録」は啄木研究の宝庫です。「作者の読んだものを読む」 これが研究の秘訣の一つだからです。

(3)『論集 石川啄木』(おうふう 1997年10月)定価4800円+税

・「作家」の章 
  岩城之徳−新しき詩歌の時代の石川啄木
  田口道昭−中野重治の啄木論
  中山和子−石川啄木——「家」制度・女・自然主義——
  望月善次−「話者」から見た啄木短歌
・「作品」の章
  今井泰子−例えば「事ありげな春の夕暮」は
  近藤典彦−長詩「はてしなき議論の後」に潜むモチーフ
  太田登−メデューサの首
  河野有時−明治四十一年の紀念
  堀江信男−啄木望郷歌の背景
  木股知史−『一握の砂』の時間表現
  上田博−夫婦の情景
  遊座昭吾ー啄木の小説「天鵞絨」考
・「時代・社会・思想」の章
  平岡敏夫−日露戦後の啄木
  ユン・ゼイソク−石川啄木 文芸弾圧と評論をめぐって
  小川武敏−「所謂今度の事」の執筆時期と同時期の短歌について
  藤沢全−啄木研究における翻訳の状況
  リン・ピーション−啄木と中国
  池田功−石川啄木における朝鮮

 
 2、最近の雑誌における啄木特集号
 
     (準備中)

3、受賞

 ◆平成28年(2016)年度
 
 国際啄木学会盛岡支部が平成28年度「もりおか暮らし物語賞」を受賞しました。この賞は平成19年度に創設されたもので、盛岡ブランドの推進に寄与した個人や団体に対して贈られます。

〈受賞理由〉
 石川啄木研究の推進を図るため,平成元年に発足。平成8年からは会員相互の研鑽を深める目的で研究会を立ち上げほぼ毎月研究会を開催しており,広く一般の方の参加も受け付けています。
 また,支部会報の発行や啄木忌前夜祭の運営に毎年度取り組むほか,昨年11月には国際啄木学会盛岡大会を開催するなど,様々な活動により石川啄木を顕彰しつつ,市民が啄木と親しむ機会を提供しており,郷土の先人である石川啄木の顕彰と周知に貢献しています。


 心よりお祝い申し上げますとともに、今後のますますのご活躍をお祈りいたします。

 盛岡市「もりおか暮らし物語賞」のページ
http://www.city.morioka.iwate.jp/shisei/machizukuri/brand/1009730.html
 
  ◆平成27年(2015)年度
 
 11月3日、日本政府の秋の外国人叙勲において、日台間の友好関係の増進等に顕著な功績があったとして、本学会名誉会員の林丕雄(リン・ピーション)氏(淡江大学名誉教授)が旭日中綬章を受章されました。

 功労概要  台湾における日本研究の発展及び学術交流の促進に寄与。
   林丕雄氏は、台湾における石川啄木研究の第一人者として日本文学の研究と教育に長年携わるとともに、日台間の学生交流を推進するなど、日本語教育及び日本語人材の育成に寄与した。(交流協会台北事務所HPより)
http://www.koryu.or.jp/taipei/ez3_contents.nsf/Top/B22C6FDD62B3DB4D49257EF20003D526?OpenDocumen
対して
 これまでの石川啄木研究へのご貢献に感謝いたしますともに、研究・教育を通じて長年にわたり幅広く日台交流を進めてこられたことに敬意を表し、心よりお祝い申し上げます。

 
  ◆平成24年(2012)年度
         受賞作品 『啄木の親友 小林茂雄』(盛岡出版コミュニティー、2012年)

   心よりお祝い申し上げますとともに、今後のますますのご活躍をお祈りいたします。

 
 
  ◆平成23年(2011)年度
  国から学術・芸術・スポーツの功労者に授与される2011年度の「紫綬褒章」を、本学会会員の三枝昂之氏が受章されました。

 三枝氏は、2010年には第59回神奈川文化賞、2009年には『啄木ーふるさとの空遠みかも』により第32回現代短歌大賞を受賞されています。

 三枝氏から受章のお言葉をいただきましたのでご紹介いたします。
 
 受章に思うこと  三枝昂之

 7月5日の学会夏のセミナーで紫綬褒章受章を祝っていただき、ありがとうございました。突然でしたのでみなさんのご厚意が一層身に沁みました。
 受章は歌集11冊となった作歌活動も考慮されたのでしょうが、『昭和短歌の精神史』から『啄木ーふるさとの空遠みかも』へと続く短歌論考への評価も小さくなかったのではないか、と感じています。
 私は昭和30年代後半に短歌を作り始めましたが、当時の短歌は占領期文化と第二芸術の影響が残っていて、まだ日蔭者の文芸でした。電車の中で歌集を読むのはどこかはばかられたことを覚えています。ですから短歌に関わろうとする若者には「この日蔭者の詩型になぜこだわるのか」という問いが否応なく課せられました。
 短歌定型論や表現史論と取り組むなかで大切な転機となったのは啄木学会との出会いです。天理大学での平成11年秋の大会に参加したことを契機に入会、研究者との交流が始まりました。その中で学んだ皆さんの研究姿勢を以後の私は意識しており、とりわけ『啄木ーふるさとの空遠みかも』は随所に皆さんの成果が反映しています。ですから今回の受章は、啄木学会の後押しあっての受章と感じています。
 啄木学会の一員としての私の役割の一つは、学会の研究成果を歌人たちに紹介、還元することと心得ています。どうか研究を通じて、これからも短歌の世界を支えて下さるよう、お願いいたします。
 セミナーの席上でお祝いにいただいた岩手の銘酒はまだ封を切っていません。なにか自祝の折に楽しみたいと思います。学会への感謝とともに。(11/8/3)

 
 ◆平成21年(2009)年度
 
  • 本学会会員の三枝昂之さんが第32回(平成21年度)現代短歌大賞を受賞されました。

    受賞作品 『啄木-ふるさとの空遠みかも』(本阿弥書店、2009年)

  心よりお祝い申し上げますとともに、今後のますますのご活躍をお祈りいたします。

 
Copyright © 2005 International Society of TAKUBOKU Studies. All Rights Reserved.